文大統領 あす日米外相と面会=朝米会談「その後」議論

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、14日に青瓦台(大統領府)でポンペオ米国務長官、日本の河野太郎外相と相次いで面会する。

 青瓦台関係者は13日、ポンペオ長官が14日の午前9時、河野外相が午後3時にそれぞれ文大統領を表敬訪問する予定だと記者団に伝えた。

 文大統領は、両氏と朝米(米朝)首脳会談以降の協力策について議論するとされる。ポンペオ氏からは12日に行われた朝米首脳会談でトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が合意した内容について、具体的な説明を聞くとみられる。

 また、「完全な非核化」を履行するための交渉戦略や朝鮮戦争の終戦宣言、休戦協定から平和協定への転換、朝米国交正常化などへつながる朝鮮半島の恒久的な平和定着策についても意見交換する見通しだ。

 続く河野外相との面会では、朝米首脳会談を受けてさまざまなチャンネルで行われる北朝鮮との交渉過程での両国協力策について議論するとみられる。

 ポンペオ長官と河野外相は、13日午後にそれぞれ韓国に到着する予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース