韓国大統領府 トランプ氏の韓米演習中止発言に「意図の把握必要」

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は13日、トランプ米大統領が前日の朝米(米朝)首脳会談後の記者会見で韓米合同軍事演習を中止すると発言したことについて、「発言の正確な意味や意図を把握する必要がある」との立場を示した。

 ただ、「朝米間で朝鮮半島の非核化や関係構築に向けた真摯(しんし)な対話が行われている間は、こうした対話をより円滑に進展させるさまざまな方策を講じる必要がある」と話した。

 青瓦台は14日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰の国家安全保障会議(NSC)全体会議を行い、こうした内容を含め、12日の朝米(米朝)首脳会談の結果を評価する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース