米朝首脳会談:中国「我々が勝利」、日本「壮大な無駄遣いの政治ショー」

 米朝首脳会談の結果について、中国は「我々の案の通りになった」と喜び、対北朝鮮制裁解除や在韓米軍撤退の可能性まで取りざたしている。一方、日本は非核化に対する具体的な履行措置が含まれていない合意案に批判を浴びせている。

 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは13日、「北朝鮮にとって最大の貿易パートナーであり同盟国である中国は交渉テーブルに就いてもいないのに大きな勝利を手にした」と報道した。米朝首脳の共同声明が象徴的なものにとどまり、今後の非核化過程などで中国の役割をかえって強化させる結果となったからだ。中国国営メディアも今回の会談結果に喜び、こうした結果を引き出した北朝鮮をあからさまに支援している。

 中国共産党機関紙・人民日報の海外版は「中国の『双中断』と『双軌並行』こそ現実的な案だ」として、「韓半島(朝鮮半島)情勢は今、双軌並行で進んでいる」と強調した。「双中断」とは北朝鮮の核・ミサイル挑発行為と韓米合同軍事演習を同時に中止するという案、「双軌並行」とは非核化と平和体制転換を同時に話し合おうという案のことだ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が今回、非核化の意思を明らかにしてドナルド・トランプ米大統領が韓米合同軍事演習中止を宣言することで、中国が言った通りになったということだ。

 環球時報は「トランプ大統領は在韓米軍撤退の可能性も開いた。米軍が韓半島から最終的に撤退するなら、韓半島は冷戦の残滓(ざんし)から脱するだろう」と主張した。北朝鮮の核問題で中国と同じことを言ってきたロシアも歓迎するとの見解を示し、6カ国協議再開などを要求した。

 一方、日本は批判一色だ。読売新聞は13日、「非核化の時期や具体的な措置についても意見の一致を見られなかったのは、トランプ大統領が準備不足を自ら認めたものだ」と報道した。元自衛艦隊司令官の香田洋二氏は「非核化には実施の担保が全くない。拉致問題や人権問題も具体的なものが何もない。(今回の会談は)壮大な無駄遣いの政治ショーだ。トランプ氏が在韓米軍の撤退に言及したのは最大の失敗だ」と批判した。

 北朝鮮に対して圧力を加える路線を堅持してきた安倍晋三首相の悩みも深まっている。日本経済新聞は「安倍首相は先日、側近らに北朝鮮問題と関連して『舞台が変わった』と言った」と伝え、日本の外交の重心が北朝鮮に対して圧力を加える路線から拉致問題解決に移るだろうとの見方を示した。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員 , 北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース