8月合同演習の中止報道 「米と緊密連携し協議中」=韓国国防部

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は14日の定例会見で、8月に予定されている韓米両軍による定例の合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)が中止されるとの米報道に関し問われ、「現在この事案に対しては韓米間の緊密な連携の下で協議が進んでいる」と答えた。

 米CNNテレビは米政府関係者の話として、トランプ政権がUFG中止の方針を早ければ14日(米現地時間)に発表する見通しと報じている。

 崔氏は、韓米の国防長官がこの問題を話し合ったことがあるかとの質問にも、確認に応じることは難しいとしながら、「韓米間でこうした事案は緊密な連携下で扱われているとみればよい」と繰り返した。

 一方、トランプ米大統領が12日の朝米(米朝)首脳会談後の会見で言及した北朝鮮のミサイルエンジン実験場閉鎖に関し、「今までのところは特異な動向がない」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース