5月の失業率4.0%に悪化 若年層は10.5%=韓国

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が15日発表した雇用動向によると、5月の失業率は4.0%で、前年同月に比べ0.4ポイント悪化した。5月としては2000年(4.1%)に次ぐ高さとなった。また、若年層(15~29歳)の失業率も1.3ポイント悪化し10.5%と、同月ではワーストを記録した。公務員試験の日程が前倒しされ、求職活動中に分類される人が増えたことが影響した。

 一方、5月の就業者数は2706万4000人で、前年同月比7万2000人増加した。増加数は10年1月以来の低水準だ。今年2月に10万人台増に鈍化してから3カ月連続で10万人台にとどまっていたが、5月はついに10万人を切った。4カ月連続で20万人を下回るのは、リーマン・ショックの影響が大きかった2008年9月~10年2月以降では初めて。

 統計庁関係者は、自動車や造船などの人員調整により製造業の就業者数が減少したほか、集中豪雨の影響で建設業の日雇い労働の減少幅が大きかったと説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース