北朝鮮と米国 「立場の差埋める過程必要」=韓国統一相

【ソウル聯合ニュース】韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は9日、ソウル市内で開かれた国防大安保問題研究所主催の国際学術大会で祝辞を述べ、非核化などを巡る北朝鮮と米国の交渉について、「初期には双方の立場の差を埋める過程が必要」との認識を示した上で「今後、(交渉が)持続的かつ圧縮的に進められると期待している」と話した。

 趙長官は「朝米(米朝)の両首脳は同じ方向を向いており、明確な意志を持っている」と強調。「韓国政府は(南北首脳会談で署名された)『板門店宣言』を滞りなく履行しながら、秋の南北首脳会談を通じて南北関係がもう一段飛躍できるよう準備していく」と述べた。

 板門店宣言には文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今秋、平壌を訪問することが盛り込まれている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース