文大統領 インドのモディ首相とガンジー記念館を訪問

【ニューデリー聯合ニュース】インドを国賓として訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日午後(現地時間)、同国のモディ首相とニューデリーにあるガンジー記念館を訪問した。

 両首脳は記念碑に献花するとともに、同施設を見学した。

 青瓦台(大統領府)によると、モディ首相はガンジーの生涯や平和、人権、包容を尊ぶその思想について説明し、文大統領の政治哲学と近い部分があると話した。

 これに対し文大統領はモディ首相との最初の日程をインド国民の精神的な指導者であるガンジーを記念する場所で行うことができ、意味深いと話した。

 文大統領は、東南アジアや南アジアなどとの協力拡大を進め、インドとの関係を画期的に強化する韓国政府の「新南方政策」について説明し、今回の訪問を機に「人、共同繁栄、平和のための未来パートナーシップ」に向かい、両国が共に進もうと提案した。

 モディ首相は両国の経済協力を新たなレベルに引き上げることを希望するとし、あす開催される首脳会談で多様な協力案について協議したいと応じた。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース