20~30代就活生・会社員 1割超が公務員試験の準備中=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国求人情報サイトのジョブコリアが10日に発表した20代・30代の就活生と会社員計2858人を対象にしたアンケートによると、公務員試験の準備経験があるとの回答は32.9%だった。現在、試験のため準備中との回答が全体の11.4%、過去に準備していたとの回答は21.6%だった。

 公務員試験の準備をする理由を複数回答で聞いたところ、「定年まで安定して働くため」が78.2%で最多。次いで「老後に年金を受給するため」(41.5%)、「福利厚生・勤務環境が良さそう」(40.9%)、「適性があると判断したため」(16.9%)などと続いた。

 ジョブコリアは、公務員試験の準備をしている、あるいは過去にしていたとの回答率は就活生(31.3%)よりも会社員(37.2%)の方がむしろ高かったとし、「雇用の安定性と老後の年金に対する期待感ゆえとみられる」と分析した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース