米国務長官の訪朝 「生産的な出発点」=韓国政府

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は10日の定例会見で、6~7日に訪朝したポンペオ米国務長官が朝鮮戦争で戦死した米兵の遺骨返還問題巡る協議を12日に行うことで北朝鮮側と合意したことに触れ、6月の朝米(米朝)首脳会談で署名された共同声明を履行するための措置とし、「生産的な出発点だと評価している」と話した。

 また「政府は朝鮮半島の完全な非核化と平和体制の構築という目標を達成するため、朝米首脳が合意した内容が迅速に実施されることを期待する立場」と強調した。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース