少年野球の韓国代表 札幌で韓日交流戦に参加へ

【ソウル聯合ニュース】大韓幼少年野球連盟は11日、同連盟の代表チームが13日から18日まで日本を訪れ、札幌で開催される韓日国際交流戦に参加すると明らかにした。

 韓国は全国から選抜された61人の選手でチームを構成し、小学生と中学生に分けて交流試合を行う。

 代表チームのユン・ギュジン監督は「韓国選手には、日本の少年野球の基本テクニックを重視する姿や野球に対する愛と情熱を学んでほしい」と述べた。

 参加選手は試合の他に観光や日本の選手との交流パーティーなどを行い、友情を育む予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース