ユーチューバーのヌード流出事件、容疑者の遺体発見

 ユーチューバーのヤン・イェウォンさんのヌード写真流出事件をめぐり、取り調べを受けていた写真スタジオ経営者のJ容疑者が四日前から行方不明になっていたが、12日に遺体が発見された。

 マネートゥディによると、ソウル地方警察庁はこの日午前7時40分ごろ、京畿道九里市の岩寺大橋付近でJ容疑者とみられる遺体を発見したという。

 警察の関係者は「工事をしていたはしけ船の関係者が遺体を発見し、通報した。警察が現場で身分証を発見し、J容疑者の身元を確認した」と語った。

 J容疑者は今月9日午前9時20分ごろ、京畿道南楊州市にある渼沙大橋から飛び降りたものとみられる。近くに停車していたJ容疑者の車から遺書(A4用紙1枚)が発見された。遺書には「警察が私の言葉を聞かず、被害者(ヤンさん)の証言ばかりを聞き入れている。悔しい」という内容が書かれていたという。

 J容疑者は、非公開によりヤン・イェウォンさんの撮影会が行われたスタジオを運営していた。ヤン・イェウォンさんら被害者たちは、撮影の際、J容疑者からヌード撮影をしたいと要求され、わいせつ行為を受けたと主張している。

 J容疑者は飛び降り自殺を図った9日、ヤン・イェウォンさんのヌード写真流出事件をめぐり警察に出頭を求められていたが、取り調べにプレッシャーを感じ、極端な行動に走ったのではないか、と警察ではみている。

 捜査を行ってきた南楊州警察署は、鑑識などを経て最終的にJ容疑者の死亡が確認されれば、「公訴権なし」として捜査を打ち切る方針だ。

イ・ソンボン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=NEWSIS

right

関連ニュース