経済通の北朝鮮高官がW杯閉会式へ ロシア側との協議あるか 

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の李龍男(リ・リョンナム)副首相が、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の閉会式に出席するため、12日に平壌を出発した。朝鮮中央通信が報じた。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮のサッカー協会委員長を務める李氏を団長とする代表団が国際サッカー連盟(FIFA)の招きでロシアに向かい、決勝戦を観戦して閉会式に参加するという。

 閉会式は15日にモスクワのルジニキ競技場で開催される。李氏は過去に対外経済相を務めた貿易の専門家。北朝鮮が同氏を代表団長として派遣したのは、ロシアとの経済協力に関する協議を行う目的があるとの見方もある。

 一方、ロシアは9月に極東ウラジオストクで開く「東方経済フォーラム」に合わせ、北朝鮮に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の訪ロを要請している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース