北との遺骨返還協議、板門店ですっぽかされた米国

 米国と北朝鮮は12日、板門店で6・25戦争(朝鮮戦争)で戦死した米兵の遺骨返還に向けた方法や日程などを話し合う実務協議を開催する予定だったが、北朝鮮側が姿を見せなかったため協議は行われなかった。この結果、米朝首脳会談で合意した遺骨返還問題はわずか1カ月で先送りされる見通しとなった。協議に参加しなかった北朝鮮は15日に将官級会談を開催することを改めて提案したという。

 米側の代表を務める国連軍司令部の関係者5人はこの日午前10時ごろ、板門店の共同警備区域(JSA)内にある軍事停戦委員会小会議室に到着した。国連軍司令部側には北朝鮮から遺骨の返還を受ける際に使用される100個以上の棺が先月24日から準備されている。しかし北朝鮮はこの日、約束の時間に会場に姿を現さず、その後も2時まで何の連絡もなかった。国連軍司令部関係者は到着から4時間後にその場から撤収した。

 米兵遺骨返還については6月12日の米朝首脳会談で米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が合意し、共同声明を通じて発表された。今月6-7日に訪朝した米国のポンペオ国務長官も「12日ごろに板門店で遺骨返還に向けた実務協議が行われるだろう」と伝え、米国もこの日は北朝鮮側が実務協議に参加すると信じていたが、北朝鮮は事前に何の連絡もないまま協議をキャンセルした形だ。シンガポールで米朝首脳会談が行われてからちょうど1カ月が過ぎたが、これまで非核化に向けた協議はもちろん、すでに約束した遺骨返還も全く進展がない。

アン・ジュンヨン記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース