韓国・済州空港の国際線旅客 今年は2倍増=日本路線2.5倍

【済州聯合ニュース】韓国南部・済州島の済州国際空港は、今年に入り国内線の旅客数が減少した一方で、国際線の旅客数が大きく伸びている。

 国土交通部航空政策室が13日公表した資料によると、1~5月に済州国際空港を利用した国内線旅客は125万3300人と推計された。前年同期比2.2%減少した。

 同期間に国際線旅客は15万3000人と、2倍以上に増えた。中国路線の旅客が9万1066人で2.2倍に増えた。日本路線も2.5倍の2万2891人だった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース