文大統領「朝米首脳、約束守らなければ国際社会の厳しい審判」

【シンガポール聯合ニュース】シンガポールを国賓として訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、6月の朝米(米朝)首脳会談を念頭に、「万が一、(朝米)首脳が国際社会の前でした約束を守らなければ、国際社会から厳しい審判を受けるだろう」と述べた。講演会「シンガポール・レクチャー」で演説した後、出席者からの質問に答えた。

 文大統領は、約束を履行していく実務交渉のプロセスで「鶏が先か卵が先か」といった論争があり得るとしながらも、「これを乗り越え、首脳間の合意が必ず実行されるよう、シンガポールをはじめとする国際社会が心を力を合わせてほしい」と求めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース