韓中青少年の特別交流 2年ぶり再開へ

【ソウル聯合ニュース】韓国女性家族部は1日、韓中両国の青少年の特別交流事業を2年ぶりに再開すると発表した。中国外務省とこの日、ソウルの政府庁舎で覚書を締結する。今後は両国の青少年代表団を相互に自国に招き、施設見学やホームステイなど互いの文化への理解を深めるプログラムを実施する。

 女性家族部によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年12月に訪中した際、冷え込んでいた両国の人的交流の復活で合意したことを受けて実現した。早ければ年内に中国の代表団を招き、交流を本格的に再開する方針だ。

 韓中青少年の特別交流では2004年から16年まで毎年500人ずつ相互訪問を行ってきたが、16年後半に中国側が事業の延期を申し出て中断した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース