韓国首相が二階氏と会談 韓日関係など意見交換

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は2日、自民党の二階俊博幹事長と政府ソウル庁舎で会談し、韓日関係の発展などについて意見交換した。

 李氏は西日本を中心とした豪雨被害に触れ、お見舞いの言葉を述べるとともに「早期復旧が行われ、被災者の方々が一日も早く日常を取り戻せるよう願う」と話した。

 二階氏は、迅速に人道的支援を決定し100万ドル(約1億1200万円)の義援金を提供した韓国政府と国民の深い配慮に謝意を表すると述べた。

 李氏は、韓国を訪問する日本人が最近増加するなど民間交流が活性化していることを評価しながら、「両国が共に進めるべきことが次第に増えているだけに、より広い視野で両国関係を見つめながら協力していくことを希望する」と語った。

 二階氏は同じ気持ちで韓国と協力していくと応じた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース