韓中外相が会談 終戦宣言・非核化など協議

【シンガポール聯合ニュース】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議に出席するためシンガポールを訪れている韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は3日、中国の王毅国務委員兼外相と会談した。

 王氏は朝鮮戦争の終戦宣言に関連し「一種の政治的宣言なので、非核化をけん引する上での肯定的かつ有用な役割を評価する」と述べた。

 康氏は「関連国の立場が集約されるようわれわれも努力する」とした上で、中国側に対し必要な努力を行うよう要請したという。

 王氏は非核化について「南北関係の改善と朝米(米朝)関係の進展が朝鮮半島の非核化と恒久的な平和定着に寄与することを期待している」と述べた。

 一方、対北朝鮮制裁については議題に上がらなかったようだ。

 王氏は会談の冒頭、韓国に配備された米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」に触れ、「THAAD問題が完全に解決されるよう引き続き関心を持って努力してもらいたい」と要請した。

 これに対し康氏は、両国間の交流と協力が正常化されるよう中国側の積極的な努力を求めながら「THAAD問題は北の核問題解決と同時に自然に解決される」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース