独島を世界にPR 韓国団体が今週青少年向けキャンプ

【ソウル聯合ニュース】インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKが、8日から10日まで独島と鬱陵島で「2018独島探訪キャンプ」を開催する。VANKの青少年リーダーたちが参加し、日本による歴史の歪曲(わいきょく)への対策を講じ、独島と韓国を全世界に知ってもらうための実践案を提示する予定だ。

 キャンプには、ネットを介して独島と韓国広報のコンテンツを世界に拡散する「デジタル独島外交大使」と、世界のウェブサイトや教科書などに記載された韓国に関する間違いを正し、独島と韓国の歴史、文化を世界に広める「グローバル独島広報大使」として活動する中高生、大学生を含む計45人が参加する。

 一行は8日に鬱陵島の独島博物館と独島展望台を見学し、独島に関する講習やセミナーなどに参加する。翌日は独島に移動し、独島広報について話し合う。最終日の10日は各自の夢と、独島と韓国のビジョンを共有する計画だ。

 この催しは、VANKと、独島を行政区域に持つ慶尚北道が2009年から開催してきた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース