イラン大統領 北朝鮮外相に「米国は信頼できない」と強調

【テヘラン聯合ニュース】イランのロウハニ大統領は8日(現地時間)、同国を訪問している北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、米国がイラン核合意離脱に伴い対イラン制裁の一部を再発動したことに言及しながら、「米国は現在、自らの義務と約束を守らず、信頼できない国と国際社会で認識されている。それは米政府が最近数年間に見せてきた言動のためだ」と強調した。イラン大統領府が伝えた。

 また「今のような状況では友好国同士が関係を発展させ、国際社会が協力しなければならない」とし、「イランと北朝鮮は数十年にわたり良い関係を維持しており、今後もあらゆる分野で堅固な協力関係が深まることを願ってやまない」と強調した。

 さらに「イランは朝鮮半島の平和と安定を望む」とし、「(イランと北朝鮮)両国は重要な国際的事案について常に観点が似ており、互いを支持してきた」と述べた。 

 イラン大統領府によると李外相は北朝鮮とイランの友好に触れた上で、米国がイラン核合意から離脱し対イラン制裁を再発動したのは国際的な法と規範から外れた行動であり、北朝鮮は米国の一方的な態度に反対すると表明したという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース