韓国政府「独島動画」 13年末の公開から再生1千万回突破

【ソウル聯合ニュース】独島が韓国固有の領土であることを説明するために韓国政府が製作した動画が動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数1000万回を突破した。政府が9日までに独島を広報するウェブサイト(dokdo.mofa.go.kr)で明らかにした。

 同サイトによると、韓国語、英語、日本語など12言語のバージョンがある同動画の再生回数は合計で約1080万回を記録した。 

 動画は2013年12月31日に韓国語版が公開され、その後、段階的に11言語のバージョンが追加された。 

 言語別では韓国語版が820万回で最も多く、英語版が223万回、日本語版が23万回を記録した。

 動画の再生時間は4~5分で、独島が歴史的・地理的・国際法的に韓国固有の領土であることについて資料を示しながら説明している。日本が独島を固有の領土と主張することに対する反論も含まれている。

 政府が製作した広報動画が再生回数1000万回を突破したのは、大きな意味があると評価される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース