北朝鮮代表団64人が訪韓 あす南北労働者サッカー大会

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮の民間団体が主導する交流行事「南北労働者統一サッカー大会」に参加するため、北朝鮮労働団体、朝鮮職業総同盟(職総)の朱英吉(チュ・ヨンギル)中央委員会委員長をはじめとする代表団64人が10日午前、ソウル北方の都羅山南北出入事務所を通り韓国入りした。12日まで滞在し、11日のサッカー試合などに参加する。

 代表団は車でソウルのホテルに移動し、大会を主催する韓国労働組合の二大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)と共に共同記者会見を開く。

 サッカーの試合は11日午後4時からソウルのワールドカップ競技場で行われ、韓国労総代表チームと職総の建設労働者チーム、民主労総代表チームと職総の軽工業労働者チームがそれぞれ対戦する。主催側は約3万人の観戦を見込んでいる。

 12日にはソウル・東大門市場の劣悪な労働環境の改善を求めて1970年に焼身自殺した労働運動家の全泰壱(チョン・テイル)氏や、統一運動家の文益煥(ムン・イクファン)牧師らの墓地を訪れた後、都羅山南北出入事務所から北朝鮮に戻る予定だ。

 同大会は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「板門店宣言」に署名した4月の首脳会談以降、初めて開かれる南北民間団体によるイベント。民間交流の活性化の呼び水になると期待される。

 南北労働者統一サッカー大会は1999年に北朝鮮・平壌で初開催され、今回は4回目となる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース