韓日の中高生がダンスで交流 あすソウルで発表会

【ソウル聯合ニュース】韓国の秀林文化財団が、韓国と日本の中高生を対象とした国際交流プログラム「ソウルでダンス・ダンス・ダンス」の発表会と写真展を11日にソウル・秀林アートセンターで開催する。

 同プログラムに参加した韓日の中高生40人は8日からダンスを練習し、発表会では6チームが公演を行う。写真展では、2012年から昨年の発表会の様子を収めた写真が展示される。

 財団関係者は発表会について、「参加者たちは言語と文化の壁を越えてダンスを完成させた。両国の友好の場になるだろう」と話している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース