北朝鮮 外国人観光客受け入れ中止=習主席の訪朝か

【北京聯合ニュース】北朝鮮が外国人観光客の受け入れを突然中止した。背景には中国高官の訪朝などの可能性もあるようだ。

 中国の北朝鮮専門旅行会社のINDPRKによると、北朝鮮の旅行会社は10日、国内事情で11日から来月5日まで外国人の団体旅行の受け入れを中止すると、中国の旅行会社に通知した。

 通知文によると、平壌にある全てのホテルは補修作業のため、団体旅行を受け付けられないという。

 しかし、北朝鮮は過去にも国内の重要イベントがある際に、さまざまな理由を挙げ、外国人の入国を制限したことがある。

 そのため、一部では9月9日の建国70周年を控え閲兵式(軍事パレード)を行うか、あるいは習近平国家主席など中国の高官が訪朝する可能性があるとの見方が出ている。

 北京の消息筋は「北朝鮮の主な外貨獲得手段である外国人観光がシーズンなのに、突然入国を制限するのは、非常に重要な人物の訪朝または自国内の主要イベントのため」と分析した。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は3月から3回訪中しており、今年下半期には習主席が訪朝するとの見方が出ている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース