北朝鮮代表団が帰国の途 南北労働サッカー大会終え

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮の労働団体による「南北労働者統一サッカー大会」に参加した北朝鮮の労働団体、朝鮮職業総同盟(職総)の朱英吉(チュ・ヨンギル)中央委員会委員長ら代表団64人が12日、3日間の韓国滞在を終え、ソウル市内のホテルから北朝鮮に向かった。

 大会を主催した韓国労働組合の二大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)の組合員や市民ら約100人がホテルの前で見送り、「われわれは一つだ」と声を上げた。北朝鮮代表団は手に持った朝鮮半島旗を振って応えた。

 代表団はバスでソウル北方の都羅山南北出入事務所に向かい、同事務所で手続きを終えた後、軍事境界線を越えて北朝鮮に戻る。

 10日に韓国入りした代表団は、11日にソウルのワールドカップ競技場でサッカーの試合に臨んだ。この日はソウル・東大門市場の劣悪な労働環境の改善を求めて1970年に焼身自殺した労働運動家の全泰壱(チョン・テイル)氏や、統一運動家の文益煥(ムン・イクファン)牧師らの墓地を訪れた。 

 滞在中に韓国側との労働団体代表者会議などを行ったほか、朝鮮半島の統一問題に取り組む韓国の社団法人「民族和解協力汎国民協議会」の金弘傑(キム・ホンゴル)代表常任議長と交流活性化策などを協議した。11日の歓迎夕食会にはソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長も出席した。

 同大会は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「板門店宣言」に署名した4月の首脳会談以降、初めて開かれる南北民間団体によるイベント。民間交流の活性化の呼び水になると期待される。

 南北労働者統一サッカー大会は1999年に北朝鮮・平壌で初開催され、今回は4回目となる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース