韓国映画館大手の多面上映システム 欧州と中東に進出

【ソウル聯合ニュース】韓国のシネマコンプレックス(複合型映画館)大手CJ CGVは13日、自社の多面上映システム「スクリーンX」がこの2カ月の間に英国とスイス、フランス、アラブ首長国連邦(UAE)にそれぞれ進出したと伝えた。欧州と中東の映画館への設置は初めてという。

 スクリーンXは劇場の正面だけでなく左右側面の壁もスクリーンとして活用できる。2013年にCJ CGVが韓国科学技術院(KAIST)と共同開発に成功した。  

 今月10日に英リバプールとロンドンの劇場に、8日にはUAEドバイ最大の商業施設にある高級感あふれるシネマコンプレックス内に、スクリーンX上映館がオープンした。先月にはスイスの3劇場と仏パリにお目見えした。

 これでスクリーンXの上映館は、韓国をはじめ、日本や米国、中国、東南アジアなど計12カ国の151館となった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース