南北 9月に平壌で首脳会談開催=具体的日程には合意できず

【板門店(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は13日、軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で閣僚級会談を開催し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)による3回目の首脳会談を9月中に平壌で開催することで合意した。ただ、具体的な日程については合意できなかった。

 両首脳は今年初となった4月27日の会談で署名した板門店宣言で南北首脳会談を今秋平壌で開催するとした。翌5月26日に両首脳は2回目の会談を板門店で非公開で行っている。

 南北は閣僚級会談で採択した共同報道文で、「双方は板門店宣言の履行状況を点検し、より積極的に実践していくための問題を真摯(しんし)に協議した」として、「南北首脳会談を9月中に平壌で開くことで合意した」と明示した。

 当初、南北は水面下の接触などを通じ、3回目の首脳会談を8月末か9月初旬に開催することで調整を図ったとされ、今回の閣僚級会談で最終決定するとの見方が多かった。

 閣僚級会談には、韓国から趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官をはじめ、千海成(チョン・ヘソン)同部次官、南官杓(ナム・グァンピョ)青瓦台(大統領府)国家安保室第2次長、アン・ムンヒョン国務総理室審議官が出席。北朝鮮側は対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長を団長に、パク・ヨンイル同委員会副委員長、金潤革(キム・ユンヒョク)鉄道省次官、朴浩英(パク・ホヨン)国土環境保護省次官、パク・ミョンチョル民族経済協力委員会副委員長が出席した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース