金正恩氏 韓国特使団に非核化意思を確約=「核兵器・核脅威ない地を」

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が5日に訪朝した韓国特使団に対し、「朝鮮半島から武力衝突の危険や戦争の恐怖を完全に追い出し、この地を核兵器も、核脅威もない平和の地にしていこうというのがわれわれの確固たる立場であり、自身の意思」と述べたと報じた。

 また、「朝鮮半島の非核化実現のため、北と南がより積極的に努力していこう」と呼びかけたという。

 同通信は、金委員長が特使団と「南北関係を引き続き発展させ、朝鮮半島の平和と安定を保障する上で起きる多くの問題」について虚心坦懐(たんかい)に議論したと紹介。9月に平壌での開催を予定している南北首脳会談の日程や議題について「幅広い意見」を交換し、「満足な合意」をしたと伝えた。

 金委員長は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を受け取り、「史上初めて開かれた朝米(米朝)首脳会談のための文大統領の労苦を高く評価し、常に感謝している」と謝意を表明したという。

 その上で、4月27日の南北首脳会談以降、南北でさまざまな実務接触があり、離散家族再会行事が開かれ、共同連絡事務所の開設事業などが進められていることをうれしく思うとして、「新しい平和の軌道、和解協力の軌道に確実に乗った北南(南北)関係を続けていかなければならない」と強調したという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース