ロシアに訪朝結果説明 韓国特使

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として北朝鮮を訪問した鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日午後、ロシアのニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記と電話会談し、訪朝結果を説明した。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が明らかにした。

 パトルシェフ氏は「北朝鮮の核問題を政治的・外交的手段を通じて解決していくとの立場の下で韓国をはじめとする関係国と緊密に協力していく」と述べた。

 一方、鄭氏は6日に続き、10日もボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と電話会談し、非核化交渉などについて協議した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース