世界消防士大会が開幕 64カ国・地域から6千7百人参加=韓国

【忠州聯合ニュース】各国から集まった消防士が幅広い競技で技を競い合う「世界消防士競技大会」の開会式が9日、韓国中部・忠清北道の忠州市で開かれた。今年は64カ国・地域から約6700人の消防士が参加し、過去最大級の大会となる。

 開会式には金富謙(キム・ブギョム)行政安全部長官、李始鍾(イ・シジョン)忠清北道知事、趙種黙(チョ・ジョンモク)消防庁長、趙吉衡(チョ・ギルヒョン)忠州市長などが出席した。
 式の前には韓国空軍によるエアショーと警察のサイドカー、儀仗隊、軍楽隊による公演が行われた。

 続いて、各国の伝統衣装や特色ある衣装を着た選手がパフォーマンスを披露する大会の正式種目、マスター競技が行われた。

 この競技は開会式で行われた各国の入場行進の独創性、観客の反応、表現力などで順位が決まり、歓迎夕食会で授賞式が行われた。

 続いて国楽(韓国伝統音楽)団と韓国の武芸・テッキョン演武団の合同公演が開かれ、会場を盛り上げた。

 開会式のメインとなる公式行事では、国民の安全と生命を最優先とする消防士をテーマにした公演のほか、ゲスト歌手によるコンサートや花火大会が行われた。

 忠清北道の李知事は「世界の消防士が国や人種を越えて一つになる特別な祭りの場が始まった」とし、「熱い歓呼と情熱の現場に対し、道民の皆さんが関心を持って、応援するようお願いする」と述べた。

 10日から17日までの8日間、忠州市一帯で75種目が行われる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース