訪朝終えた猪木氏「北朝鮮、韓国と東京五輪参加の意向ある」

【北京聯合ニュース】北朝鮮建国70年の祝賀行事出席のため訪朝していたアントニオ猪木参院議員が11日午後、帰国するため経由地の中国・北京国際空港に到着した。同氏は7日に平壌入りし、朝鮮労働党で外交を統括する李洙ヨン(リ・スヨン)副委員長らと会談した。

 長年、北朝鮮とスポーツ交流を続けてきた猪木氏は、北朝鮮が2020年東京五輪に参加するかどうかを問われ「北朝鮮は韓国とともに(五輪に)参加する意向がある」と答えた。北朝鮮側は五輪参加に関して南北が協力していければいいとの考えを示したとし、「これに向け、私たちは(北朝鮮との)スポーツ交流を続けていこうと思う」と述べた。

 李氏との会談については、「日本と北朝鮮間の交流のドアが閉ざされている状態で私が訪朝したことに、李氏は感激していた」と紹介した。

 日本人拉致問題に関しては、「北朝鮮側から関連内容を公開しないでほしいという要請があった」と述べるにとどめた。猪木氏は訪朝前、日本人拉致問題などの懸案を北朝鮮側と協議する意向を示していた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲空港で記者の質問に答える猪木氏=11日、北京

right

関連ニュース