2032年五輪の共同開催を北朝鮮に提案 韓国文化体育相が意向

【東京聯合ニュース】韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官は12日、「平和体制を発展させるため、2032年五輪の南北共同開催の推進を北に提案するつもりだ」と明らかにした。ソウルと平壌で分散開催する案を構想しているという。韓中日のスポーツ担当閣僚による会合に出席するため訪れた東京で、韓国特派員に語った。

 都氏は、18~20日に平壌で開く南北首脳会談のため訪朝する際、北朝鮮にこうした提案をする予定だと説明した。

 30年のサッカー・ワールドカップ(W杯)に関しては、「中国が招致を申請しようとしているが、南北と中国、日本などアジアで開催を推進するのはどうかと提案するつもりだ」と語った。

 都氏はこの日午後、林芳正文部科学相と会談し、スポーツ協力策を話し合う。日本側と「20年東京五輪で南北選手団が合同入場し、南北合同チームを増やすことができるよう、五輪組織委員会などに支援してもらう案を議論するつもりだ」と明らかにした。韓国と北朝鮮は今年の平昌冬季五輪で、アイスホッケー女子合同チームを結成した。

 一方、東京五輪で南北合同チームが増えた場合、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が訪日する可能性を問われ、都氏は「それは当事国が決めるべきこと」と応じ、「南北と日本のスポーツ担当閣僚が会う場は設けていくべきだと思う」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース