トランプ大統領、文大統領と高飛車な電話会談

ウッドワード氏、話題の著書で暴露

 トランプ米大統領が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と今年初めに電話会談した際、無礼な態度で韓米自由貿易協定(FTA)の破棄と終末高高度防衛ミサイル(THAAD)撤収で圧力をかけていた--。

 ウォーターゲート事件の調査報道に携わったボブ・ウッドワード氏が11日に出版した「恐怖、ホワイトハウスのトランプ」によると、トランプ大統領は過去数回の電話会談で文大統領に対し、韓米FTAを批判的に責め立てたという。同書によると、トランプ大統領は1月19日、文大統領との電話会談で、「180日以内にFTAを破棄する書簡を送り、貿易関係を破棄したい。あなたたちは私たち(のカネを)食い物にしている」と述べた。また、THAADについては、「あなたたちはTHAADのシステムに対する費用を支払うべきだ。我々はなぜTHAADをそこに持っていかなければならないのか」と言葉を荒げたという。

 文大統領は「貿易と安全保障は絡み合っている。経済的関係で一部誤解があるかもしれないが、結局は相互理解に到達することを願っている」と述べた。ウッドワード氏はこのやりとりについて、トランプ大統領が韓米FTAと韓国の文大統領を甘く見たと評した。

 マクマスター元国家安全保障問題担当大統領補佐官は、THAAD撤収を主張するトランプ大統領を説得するため、「米国は(THAAD配備)用地を99年間無償で借り、良い取引をした」と話したが、トランプ大統領は地図を見て、「役に立たない土地だ。すぐに米国に撤収しろ」と答えたという記述も登場する。トランプ大統領は昨年7月、米国防総省で開かれた会議で「そんなもの(在韓米軍)は必要ない。なくても子どものように大人しく寝ているはずだ」「在韓米軍がなぜそこにいるのか分からない。すぐに皆連れて帰れ」とも発言したという。

ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース