「北はすでに不可逆措置取った」 文大統領が米に相応措置求める

 また、文大統領は「たとえ(米朝)実務会談が振るわない面があるとしても、北・米(米朝)両首脳は信頼を繰り返し確認している。北・米ともやらないと言っているのではなく、北朝鮮は非核化のために将来と現在の核を廃棄するということで、米国も体制保障措置をやるというとだ」「ただし、相手に対して先にやらなければならないという要求のため、行き詰まっていることなので、十分に接点を見いだすことはできる」「南北関係において、特にあらためて新しい宣言が必要だという段階は過ぎた」「(今年)4月27日の(南北首脳会談)共同声明と、それ以前の南北間合意を充実させて実践していくことが重要だ」「今の段階で最も重要なのは、南北の軍事的緊張あるいは軍事的衝突の可能性、戦争の脅威を終わらせることだ」とも述べた。

 元老諮問団の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障担当)は「北朝鮮の非核化を順にすべてしようとすると時間がかかるため、南北が非核化タスクフォース(TF=作業部会)を作って協議すれば、破格の代案が出てくるだろう」と言った。しかし、李洪九(イ・ホング)元首相は「金正恩委員長は国際社会の反応を得るには、核物質や設備に対する申告と検証が必要だ。そうしなければ米国の終戦宣言は引き出せない」と述べた。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「北はすでに不可逆措置取った」 文大統領が米に相応措置求める

right

関連ニュース