韓国動物保護団体メンバー7人が美術館に乱入、作品に抗議 /ソウル

韓国動物保護団体メンバー7人が美術館に乱入、作品に抗議 /ソウル

 今月8日、ソウル市鍾路区内の美術館「ギャラリー現代」に動物保護団体「MOVE」の活動家7人が乱入して20分間にわたり占拠し、デモを行った。活動家たちは洋画家イ・ガンソ氏(75)の作品が「動物虐待」だと主張した。イ・ガンソ氏は白い粉の上に鶏を放ち、動き回った跡を作品として展示していた。活動家たちは「作品を作る際、鶏の行動半径を制限するために鶏の足首をひもで縛ったのは動物虐待だ」と主張した。

 通報を受けて出動した鍾路警察署は、活動家たちを業務妨害容疑で立件した。活動家たちは12日にもギャラリー前で抗議デモを行った。活動家のイ・ジヨン氏(20)は「芸術の名で動物虐待を容認する社会に批判のメッセージを送りたかった」と語った。

 展示を企画したギャラリーと作品を作ったイ・ガンソ氏側は「予想していなかった反応だ。動物虐待という主張は納得しがたい」としている。

 ギャラリー現代のイ・グァンヨン常務は「ソソ(鶏の名前)に有機野菜を与え、夜はよく寝られるように建物の照明も消した。毎日卵を生むほど健康だった」と話す。この鶏は京畿道金浦市内の幼稚園で教育用に飼育していたもので、ギャラリー側が展示のために1週間借りたが、現在は幼稚園に戻っている。

 韓国の動物保護団体はこれまで犬肉を食用にすることや猫を捨てることなどに反対してきたが、現在は活動対象を鶏・トラ・チンパンジーなど他の種に拡大している。イ・ウォンボク韓国動物保護連合代表は「犬猫の虐待や食用に対する国民の意識はかなり高まったため、今後は他の動物たちにも関心を持つべきだという流れが活動家の間で生じている」と分析した。

 動物保護団体「ケア」は5日、「ソウル大公園のチンパンジーと平壌中央動物園の虎を交換するというソウル市の計画に反対する」とのコメントを発表した。同団体のキム・テファン氏は「南北交流に動物を利用しているだけだ。韓国とは違って北朝鮮には動物保護法もないのに、そんなところに動物を渡せない」と言った。

 今年7月には、動物保護活動家十数人がある飲食配達業者が主管する「チキン味鑑別師」(別名:チムリエ)試験場を占拠した。これら活動家は「動物の死を戯画化するな」とデモを行い、試験は一時中断された。ヨーロッパでは動物保護団体が肉食をするなと要求、精肉店を襲撃するなどして騒動になったこともある。

キム・スンジェ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 韓国動物保護団体メンバー7人が美術館に乱入、作品に抗議 /ソウル

right

関連ニュース