韓国最大のセールイベント 28日開幕=最大8割引きの商品も

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部、文化体育観光部、大韓商工会議所、韓国訪問委員会は14日、今月28日から10月7日まで開催される韓国最大のショッピング観光イベント「コリアセールフェスタ」の官民合同推進委員会を開き、総合推進計画を発表した。

 今年のイベントでは、人気商品をリーズナブルな価格で提供する企業20社を公募で選び、最大8割引きの「キラーアイテム」を販売する予定だ。赤外線グリルが30%引きの20万9000ウォン(約2万円)、4人がけソファーが26%引きの200万ウォン、ベッドが35%引きの229万ウォンで販売され、現代百貨店ではアディダス、ナイキをはじめ約400のブランドの製品を最大80%割引く。

 また、サムスン電子の乾燥機やLG電子の有機ELテレビが割引価格で販売される予定で、現代自動車、起亜自動車などの自動車メーカーも参加を検討していると伝えられた。

 産業通商資源部によると、これまでに流通96社、メーカー84社、サービス51社の計231社が参加を決め、今後さらに多くの企業が参加する予定だという。イベントの詳しい内容はホームページ(www.koreasalefesta.kr)で公開される。

 今年のイベントは、中小企業や伝統市場にも規模を広げて開催される。 

 大規模店舗とその近隣にある市場が共同でオンラインPRを行い、周辺の市場で使える割引クーポンを発行する計画だ。

 全国の主な伝統市場でさまざまな体験イベントを行い、主要百貨店の全国17店舗で中小企業優秀商品販売展を行う。

 外国人観光客を誘致するためのPRも強化する。

 グーグルや中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」などのサイトでオンライン広告を行っているほか、韓国観光公社の18の海外支社、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の48の海外貿易館でイベント期間の韓国訪問を呼びかけている。

 産業通商資源部の李仁浩(イ・インホ)次官は「コリアセールフェスタが米国のブラックフライデーや中国の『独身の日』のように、全国民が待ち望む価値あるイベントとして生まれ変わり、内需に活力を吹き込んでくれる意味のあるイベントとして定着することを期待している」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース