【コラム】独房に入れられた韓国歴代政権の人々

【コラム】独房に入れられた韓国歴代政権の人々

 いわゆる朴槿恵(パク・クネ)政権の国政介入事件に関与して拘置所生活を送り、後に釈放された人物数人に先日会った。拘置所から出てきたばかりの人に会うとたいてい、拘置所内の日課に関した話題から話が始まる。独房にいた国政介入事件関与者たちの日課は単純で大体似ていた。運動と面会2時間を除き、一日中2坪余りの独房に閉じ込められていたそうだ。

 22時間もの間、ベッドの大きさほどの空間に一人で閉じ込められていると、食べて寝る以外にできることと言えば新聞や本を読むことと考えることくらいだ。3部まで購読できる新聞を数時間にわたり何度も読むと、記事を書いている記者でもなかなか見つけられない誤字を見つけ、おりの外の人々も知らないような外界の人々の動静を知る境地に達するそうだ。新聞を通じて検察の捜査の方向性を見極めるという知恵も付く。記者が会ったA氏は「新聞に既に出ている事案について取り調べるということで検察に呼ばれた場合は私は参考人だったが、新聞に出ていない事案で呼ばれた場合は私は中心的な容疑者だった」と語った。

 一般の刑事事件の容疑者とは違い、国政介入に関与した容疑者は比較的遠い過去の自分の行動を振り返って再構成しなければならない。検事は、記憶をよみがえらせることを執拗(しつよう)に求めたという。B氏は、共に政権に携わった人々が同じ事件について異なる記憶を語ったのが苦痛だったと言った。検事が聞かせてくれる他の人々の異なる供述を聞き、あきれたことも少なくなかったという。そういう日は一日中独房の中で座って、過去のある一日を振り返り、バラバラになったパズルを合わせなければならず、決まって襲われる悔恨の念に眠れなかったとのことだ。C氏は家族や同僚たちに貼られた「積弊」(過去の政権による長年の弊害)というレッテルのせいで眠れない夜が多かったそうで、「大統領府の後輩たちが仕事を見つけることもできずに無職のままだというニュースに胸が痛んだ」と語った。拘置所から釈放されたC氏は今、自身に貼られたレッテルを切に実感している。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】独房に入れられた韓国歴代政権の人々

right

関連ニュース