野球:朴炳鎬、史上初の5シーズン連続「30本塁打・100打点」

 韓国プロ野球ネクセン・ヒーローズの朴炳鎬(パク・ピョンホ、32)が史上初の5シーズン連続「30本塁打・100打点」を達成した。14日に馬山で行われたNCダイノス戦に4番打者として出場した朴炳鎬は、8回表に2ラン(今季第38号本塁打)を打ち、今季100打点目をマークした。2012年から15年まで4シーズン連続30本塁打・100打点を記録して米大リーグに進出(16-17年)した朴炳鎬は、今年韓国プロ野球に復帰するや再び30本塁打・100打点を突破した。これは、タイロン・ウッズ=元斗山ベアーズ=が1998年から2001年まで続けた4シーズン連続30本塁打・100打点を上回るものだ。朴炳鎬は現在、本塁打数でもSKワイバーンズのジェイミー・ロマックと並び2位タイに付けている。首位の斗山ベアーズ・金宰煥(キム・ジェファン、40本)とは2本差だ。この日の試合は9位NCが4位ネクセンに7-3で勝ち、6連勝した。

成鎮赫(ソン・ジンヒョク)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース