世界剣道選手権大会、30年ぶりに韓国で開催

世界剣道選手権大会、30年ぶりに韓国で開催

 第17回世界剣道選手権大会が14日、仁川市内の南洞体育館で開幕した。3年に一度開催される同大会が韓国で開催されるのは、1988年の第7回大会以来、30年ぶりだ。写真は同日、男子個人戦でチュニジア(左)とニュージーランドの選手が対戦している様子。決勝では日本の安藤翔が韓国のチョ・ジンヨンを2-0で破り優勝した。剣道宗主国の日本はこれまで同大会男子個人の優勝を逃したことが一度もない。15日には女子個人・団体が、16日には男子団体と閉会式が行われる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 世界剣道選手権大会、30年ぶりに韓国で開催

right

関連ニュース