アジアパラ大会の韓国代表が出発 金メダル目標33個

【仁川聯合ニュース】6日にインドネシア・ジャカルタで開幕する障害者スポーツの総合大会、アジアパラ競技大会の韓国選手団本隊が2日、仁川空港からジャカルタに出発した。

 韓国は17競技に307人の選手を派遣する。メダル獲得目標は金33個、銀43個、銅49個で、3位を目指す。

 選手団の主将を務めるクォン・ヒョクジュ(アーチェリー)は「今大会のために全選手が多くの汗を流した。目標に掲げた総合3位達成に向けベストを尽くす」と意気込みを語った。

 また、韓国と北朝鮮は開会式で合同入場し、競泳と卓球の2競技で南北合同チームを結成し出場する。国際障害者スポーツ大会での南北合同入場と合同チーム出場は初となる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース