旭日旗掲揚自粛 「立場に変わりない」=韓国海軍

【ソウル聯合ニュース】韓国の海軍広報課長は4日の国防部の定例会見で、南部の済州島で11日に開かれる国際観艦式の海上パレードに関して、日本などの参加国に対し、自国の国旗と開催国である韓国の国旗(太極旗)を掲揚するよう要請したことについて、「立場に変わりはない」とし、海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」は掲揚できないとの立場を重ねて示した。

 旭日旗は旧日本軍で使われ、韓国では侵略戦争や軍国主義の象徴として多くの国民が強い反感を持っている。

 韓国海軍の要請に対し、参加国14カ国のうち多数が受け入れる立場を表明したが、日本は返答していない。

 また、主催国の座乗艦(大統領が搭乗する艦)を日本側が拒否感を示す輸送・揚陸艦「独島」に変更する可能性については「知らない」と述べた。「独島」は観艦式で国民参加団が試乗することになっている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース