旭日旗問題で物議 日本が韓国海軍観艦式への不参加通知

【ソウル聯合ニュース】韓国南部の済州島で10~14日に開かれる韓国海軍の国際観艦式の海上パレードに、日本が海上自衛隊の艦艇を派遣しないことが、韓国政府筋の話で5日分かった。韓国政府は日本に対し観艦式期間中の旭日旗(自衛隊旗)の掲揚自粛を要請していたが、自衛隊などはこれに応じない方針を示していた。

 同筋は「日本がきょう午前、済州国際観艦式に海上自衛隊の艦艇を派遣しないと通知してきた」と明らかにした。

 旭日旗は旧日本軍で使われ、韓国では侵略戦争や軍国主義の象徴として多くの国民が強い反感を持っている。このため韓国国内では旭日旗の掲揚問題が物議を醸していた。韓国海軍は参加14カ国にパレードで自国の国旗と韓国の国旗(太極旗)を掲揚するよう要請していた。

 日本は艦艇を派遣しない代わりに、行事の一つである西太平洋海軍シンポジウムに代表団を送ると伝えられた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース