韓日共同宣言きょう20年 民間交流活発も歴史の溝埋められず

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本が未来志向の「韓日パートナーシップ共同宣言」を発表してから、8日で20年を迎えた。

 1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相による首脳会談で採択された共同宣言には、小渕首相が過去の歴史について反省・謝罪し、韓日首脳が両国の未来志向的関係を発展させることで合意したとの内容が盛り込まれた。

 両国が過去を直視し、相互理解と信頼に基づいた関係を発展させていくことが重要という認識で一致したとの内容を骨子に、小渕首相が日本による植民地支配について「痛切な反省と心からのおわび」を表明したとの内容が含まれた。

 共同宣言の発表後、韓国は日本の大衆文化を開放し、日本では韓流ブームが巻き起こるなど、民間交流は本格化した。一方、旧日本軍の慰安婦問題など歴史問題では認識の溝を埋められずいるとの評価だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース