海外就職増えるも希望者の2割強 昨年は日本が最多=韓国

【ソウル聯合ニュース】海外に就職する韓国人が増えているものの、昨年、海外就職に成功した比率は22%にとどまったことが分かった。韓国の就職情報サイトのインクルートが11日までに、韓国産業人力公団の統計の分析結果を発表した。

 海外就職者数は2014年の1679人から17年は5118人と、3年間で3倍以上に増えた。ただ、昨年の場合、海外就職に向け求職登録した2万2997人のうち就職できた人は22.3%にとどまった。

 就職先をみると、日本が1427人で最も多かった。次いで、米国(1079人)、シンガポール(505人)、オーストラリア(385人)、ベトナム(385人)、中国(268人)の順だった。

 業種は事務・サービス業が3419人で全体の66.8%を占め、IT(814人)、機械・金属(177人)、建設・土木(101人)と続いた。

 インクルート側は、韓国国内の就職難が長引いており海外就職も選択肢になったとしながら、「韓国の若者は概して外国語の実力に秀でており、海外就職も挑戦する価値はある」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース