北朝鮮の鉱物資源370兆円規模 韓国の15倍=与党議員

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の朴釘(パク・ジョン)国会議員は11日、北朝鮮の鉱物資源の潜在的価値が韓国の15倍に達すると主張した。国会の産業通商資源部に対する国政監査前に報道資料を発表し、韓国鉱物資源公社の資料として明らかにした。

 資料によると、北朝鮮の鉱物資源の市場価格は2017年基準で約3795兆ウォン(約370兆円)規模で、韓国(248兆ウォン)の約15倍。北朝鮮には国土の約80%に鉱物資源があり、マグネサイト(60億トン、埋蔵量世界3位)、黒鉛(200万トン、世界6位)、鉄鋼石50億トンなどが埋蔵されていると推定される。

 また、基礎材料である鉄の場合、韓国が輸入量の25%を北朝鮮から調達すれば260年間にわたり供給を安定させることができ、金は5585年間、新素材として注目されるグラフェンの原材料である鱗片(りんぺん)状黒鉛は339年間、安定的な供給が可能という。

 朴氏は「鉱物資源と関連し、外国企業が北と締結した投資契約は40件で、このうち35件が中国である一方、韓国は2000年の南北首脳会談以降、北の鉱山の現地調査を始めたが(対北朝鮮制裁措置の)5・24措置により10年以降は調査を中断している」と指摘した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース