韓国軍制服組トップ「南北の軍事分野合意順守されるよう努力」

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長の就任式が11日、ソウル・国防部で行われた。

 朴氏はあいさつで、「(南北首脳会談の)板門店宣言履行に向け、軍事分野の合意事項が順守されるよう努力する一方、発生可能ないかなる状況にも備えることができる確固たる態勢を構築する」と述べた。

 また、「今後われわれが向かう道は誰も進んだことがなく、そのため困難もあり得るが止まってはいけない道になるだろう」とした上で、「わが軍は国家と国民が安心して大胆にその道を進むことができるよう、しっかりとした力で支えなければならない」と強調した。

 現在の朝鮮半島を取り巻く安全保障環境は長い対立の構図から平和と繁栄に向かう歴史的転換期にあるとした上で、「わが国民は、いかなる状況でも確固たる軍事態勢を維持しながら、国民と祖国の安全を確実に守ることができる頼もしい軍の姿を求めている」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース