韓国の拉致被害者家族会「金正恩氏訪韓なら拉致問題の責任問うべき」

【ソウル聯合ニュース】韓国の拉致被害者家族協議会「朝鮮戦争拉北人士家族協議会」は26日、ソウルの大検察庁(最高検)前で記者会見を開き、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が訪韓する場合、国内法に基づき処罰するか国際刑事裁判所(ICC)に付託すべきだと主張した。

 同団体は、韓国で2011年に施行された「国際刑事裁判所管轄犯罪の処罰等に関する法律」に基づき、金委員長が訪韓した場合は処罰またはICCへの付託が可能だとした。

 また、北朝鮮が朝鮮戦争当時、10万人を超える韓国の民間人を拉致し、北朝鮮住民に対する重大な人権侵害、親族殺害など反人倫的蛮行を繰り返したとして、「韓国政府は断固として北の拉致犯罪に対する責任を問うべきだ」と促した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース