強制徴用巡る共同討論会を来年開催 南北団体が合意

【金剛山聯合ニュース】南北統一問題に取り組む韓国団体「民族和解協力汎国民協議会(民和協)」と北朝鮮団体「民族和解協議会」は3日、北朝鮮・金剛山で共同行事を行い、日本による植民地時代に起きた「三・一独立運動」から100年を迎える来年に強制徴用被害者問題を話し合う共同討論会を開催することなどを盛り込んだ決議文を採択した。

 決議文には「強制徴用被害者(に関する)共同討論会を行い、南北の民和協団体が合意した朝鮮人遺骨送還の南北共同推進委員会を現実的な要求に合わせ発展させていくことにする」と記された。

 韓国側民和協の金弘傑(キム・ホンゴル)代表常任議長と北朝鮮側民和協の金永大(キム・ヨンデ)会長は7月、平壌で面会し、強制徴用により日本に渡った朝鮮半島出身者の遺骨送還のため、南北共同推進委員会を結成することで合意していた。

 共同討論会を通じ、遺骨送還問題から強制徴用被害者問題全般に南北団体の対応範囲を広げる考えとみられる。ただ、北朝鮮側は強制徴用の真相究明などへの協力には同意しながらも、日本が協力するかなどについて多少懐疑的な態度を示したという。

 今回の共同行事は10年ぶりに南北の民間団体が金剛山で開いた大規模なイベントで、韓国側から256人の代表団が訪朝した。北朝鮮側からは100人の代表団が参加した。3日に分科会議や宴会などを実施し、4日は散策などを行い親交を深めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース