外国に対韓投資の魅力伝える 政府主催の投資説明会きょうから

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が6~8日、ソウルで大規模な対韓投資説明会「外国人投資週間(インベスト・コリア・ウイーク)」を開催する。外国人投資家を対象に対韓投資の魅力を伝え、投資の戦略や機会を紹介する政府主催の催しで、今年で14回目。6日の開幕式を皮切りに、フォーラムやラウンドテーブル、投資商談会、外資系企業の採用面接、産業立地の視察などが予定されている。

 期間中には外国企業211社の投資家236人が来韓するほか、外資系企業81社の100人、海外メディア、国内企業268社の336人などが参加する。

 産業通商資源部と大統領直属の第4次産業革命委員会、統一部は海外メディアを対象に合同懇談会を開き、外国人投資と第4次産業革命、北朝鮮との経済協力に関する政策を紹介する予定だ。

 また、55年にわたり韓国に投資してきた東レの日覚昭広社長が投資の成果や事業ビジョンに関する演説を行う。

 韓国のサムスン電子と現代自動車は革新成長フォーラムで、人工知能(AI)や未来の自動車に関する世界の技術開発動向、事業戦略などを発表する。

 韓国に進出している外資系企業の経験と地方自治体の協力事例を紹介するフォーラム、世界の電気自動車(EV)や自動運転車の産業動向と投資誘致に向けた協力策を発表するフォーラムも予定されている。

 産業通商資源部は、期間中に投資家と投資を望む企業による計766件の商談が行われる予定だと伝えた。

 同部の幹部職員は、外国人(外国企業)による対韓直接投資額が4年連続で200億ドル(約2兆2660億円)を超えたことを挙げ、「南北の平和プロセス、新技術と革新の試験に適した市場、広大な自由貿易協定(FTA)プラットフォーム、多様な支援制度などにより、韓国が魅力的な投資先として認められている」と話している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース