明洞の射撃場で実弾盗んだ日本人を釈放 「危険性ない」=韓国警察

【ソウル聯合ニュース】韓国警察は、ソウルの繁華街、明洞の室内射撃場から実弾2発を盗んで逃走したとして7日夜に緊急逮捕した20代の日本人の男について、実弾を全て回収済みで危険性はないとみて、逮捕から約16時間後の8日午後2時半ごろ釈放した。

 男は警察の取り調べに対し、実弾の持ち出しを認め、日ごろから銃弾が好きで衝動的に盗んだと供述した。インテリアとして飾ろうと思ったと話したという。

 この男は40代の中国人の男と観光目的で韓国を訪れ、7日午後1時半ごろ、明洞の室内射撃場で一緒に拳銃を使って射撃をした。その際、日本人の男は射撃場スタッフが実弾を再装填する隙に、そばに置かれていた実弾10発のうち2発をかすめ取った。男は午後10時15分ごろ、中国人の男と明洞のホテル近くのマッサージ店に入ろうとしたところを警察に取り押さえられた。

 2人はいずれも前科がないと判明した。また、共謀による犯行ではなかったことも確認された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース